さしずめむくみがあるというのは…。

女性が読む雑誌でまるでリンパの滞留の代表格みたいに表現される「浮腫」には大きく2種類に分けて、身体の内部に病気が隠れているむくみと、健康面で問題のない人でも出現する浮腫があると広く知られている。

下まぶたに大きなたるみがある場合、男女を問わずみんな本当の歳よりも4〜5歳は老けて映ることでしょう。皮ふのたるみは色々ありますが、その中でも下まぶたは最も目立つ場所です。

美容外科において手術を行ったことについて、恥という感情を抱いてしまう人も多いようなので、施術を受けた方のプライドやプライバシーを冒さないような気遣いが大切である。

洗顔料でちゃんと汚れを取らなければいけません。せっけんは肌に合ったものを選びましょう。肌に合ってさえいれば、安い石鹸でも構わないし、固形石鹸でも構いません。

細胞分裂を活発にし、肌を生まれ変わらせる成長ホルモンは明るい時間帯の活動している時間帯は出ず、日が暮れてからゆったり体を休め落ち着いた状態で分泌され始めます。

よく耳にするピーリングとは、老化してしまった角質をピール(peel:はぐの意味)した結果、生成されて間もない化粧ノリの良い表皮(角質層)に入れ替える合理的な美容法です。

「デトックス」法に問題点や危険性は無いと言えるのだろうか。そもそも体の中に蓄積する毒とはどんな性質のもので、その毒素とやらは果たして「デトックス」の効果で体外へ排出できるのか?

貴方は、果たしてご自分の内臓は元気だと言えるだけの根拠がどのくらいおありですか?“思うように痩せられない”“肌荒れが治りにくい”といった美容にまつわる悩みにも、実を言うと内臓の状況がキーポイントなのです!

押すと元通りになるお肌の弾力感。これを生み出しているのは、誰もが知っているコラーゲン、すなわちたんぱく質です。スプリングの役割を担うコラーゲンがきちんと皮ふを支えていれば、肌はタルミとは無関係なのです。

爪の伸びる様子は年輪のように刻まれるという存在であることから、その時々の健康状態が爪に出やすく、髪と等しくすぐに目に入って分かりやすいので健康のバロメーターとも呼ばれている。

メイクアップのデメリット:うっかり泣いてしまうとあたかも修羅のような恐ろしい顔になる。ちょっとだけ間違えただけなのに派手になって自爆する羽目になる。ごまかすのにも限界をかんじるという点。

アトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)を塗り薬の力だけで治そうというのは無理があると言わざるを得ません。生活習慣や楽しいことなどライフスタイル全ての捉え方まで拡大した診察が重要です。

アトピーという言葉は「不特定な場所」という意味の「アトポス」というギリシャ語から派生して、「何かしらの遺伝的な素因を持つ人のみに症状が出る即時型アレルギーを主とする病気」であるとして名付けられたのである。

審美歯科は、美に主軸を据えた総合的な歯科医療のこと。歯の働きには物を噛むなどの機能面と、清潔感を与えるなど審美的な側面があり、両方とも健康に関わっているとても大切な要素だと考えている。

なおかつ、弛みに大きく絡んでくるのが表情筋。様々な表情を繰り出す顔の筋肉のことを指します。肌の真皮に存在するコラーゲンと同じく、この表情筋の機能も加齢とともに衰えるのです。